1年以上前に別れた恋人(元彼氏、元彼女)と復縁する方法

1年以上前に別れた恋人(元彼氏、元彼女)と復縁する方法

ここでは、1年以上前に別れた恋人とのよりを戻す方法についてお話していこうと思います。
同じ相手とまた付き合ってしまうと、浮気や喧嘩など、当時別れた理由の事をまた繰り返して失敗するのではないかと不安になるかもしれません。

 

しかし、過去の「別れ」という失敗があるからこそ同じ失敗はしないようになっているかもしれないし、1年以上の月日が経っているため、お互いに成長して変わっている可能性も高いのです。当時の同じ失敗を繰り返す可能性は少ないでしょう。

 

1年以上経過していると、お互いに当時とは別人となっているはずです。なので過去の悪い部分を引きずる必要はないのです。
また、男性は、過去の恋愛をひきずる生き物です。元カノの方がその気になって上手に接触すれば、復活愛もすぐに叶うでしょう。

 

 

どのように接触すればよいか

最も良い方法は、mixiやfacebookといったインターネット上のSNSのメッセージ機能を利用することです。

 

SNSは通常の電話やメール、LINEと違って、お互いの近況や写真を見ることができます。これにより、懐かしい気持ちにさせてくれたりするのです。メッセージの内容は、「元気?」などといった簡単なものでかまいません。

 

また、SNSというものは、メッセージが来ているだけでお届け物が来たような感覚で気分がわくわくしたりするものです。

 

そしてその相手が元恋人だったなら、その元恋人の投稿や写真を流れで見てみると思います。

 

そして、見ているうちに懐かしさがこみ上げてくるかもしれません。先ほどにも述べていますが男性は過去の恋愛を引きずるものです。

 

男性で元カノをSNSで探し出し、近況をチェックするような人は多く存在します。
そんな中、元カノから自分にメッセージを送ってくるようなことがあれば、向こうも自分のことを気にしていてくれていたのかと思い、かなりドキドキすると思います。

 

 

初デートに行くべきスポット

まず、自分からデートの誘いをしてみましょう。どのように誘うのが良いかというと、「とりあえず久しぶりに会ってみない?」という感じです。男性ならば大半は応じてくれるでしょう。

 

そして問題は、デートスポットです。
そのときに行くべきなのは、もちろん2人の思い出の場所となります。

 

それは2人の初デートの場所や、もし2人でいつも恒例のように行っていた所があればそこでも良いでしょう。お互いに付き合っていた当時の感情を分かち合い、懐かしむのです。

 

思い出の場所でお互いに当時の思い出を語り合うことで、盛り上がることができるでしょう。

 

 

どうやって復縁をせまるか

せっかく会うことができたのにその場で何もないままお開きにしてしまうのは、非常にもったいないことです。
なぜなら、初回のデートというものは新鮮でお互いが最もドキドキするものだからです。

 

何もないまま帰ってしまい、このドキドキ感をものにできないと、ただの再会で終わってしまったり、最悪の場合セフレの関係に落ちてしまう可能性があります。
よりを戻したいと思うなら、必ず初回のデートの時に自分の気持ちを相手に伝えましょう。

 

初回のデートならではのそのドキドキ感の効果を利用して告白すると、相手が気持ちに応えてくれる可能性は非常に高いものとなります。

 

 

おわりに

元恋人というものは、もともとはお互いに相手のことを知り尽くせている存在なのです。そのことから、復縁してみることで他の人にはない大きな安心感がお互いにあるはずです。

 

よりを戻してみて、本当に自分にとって必要なのはこの人だったんだと感じることができるでしょう。
この頃いい出会いがないと思っている人も、本当に自分にとって大事な人は過去の恋人の中にいるかもしれません。