元サヤに収まれるのに復縁の「フラグ」を折ってませんか?

元彼と元サヤに収まれるのに復縁のチャンス折ってませんか?

別れたけど、冷静になればやっぱり…なんてこと、ありますよね。
元彼とまた付き合いたい、元サヤに収まりたい!思ったらすのまま突っ走ったりはしていませんか?
『また付き合って!』気持ちをそのままぶつけて玉砕したあなた、それはもしかしてせっかくの復縁フラグを、見つけたのにへし折ってはいないでしょうか?
気持ちのままに突っ走っては、収まるものも収まらなくなってしまいます。
そこで、もう一度彼と付き合うための、「フラグ」の活用術をお教えします!

 

彼からの弱気メール

これは、大きなフラグです!
別れてから、復縁したいなと思っていたところにふと届いた彼からのメールが寂しそうだったり弱気だったり。
たとえば、「暇だ〜」とか、「課長に怒られちゃったよ」とか。
それってつまり、誰かに側にいてほしいってことですよね。

 

もちろんここでがっついちゃあせっかくのフラグが折れてしまいます!
優しく支える様にメールを返せば「やっぱりあいつはいい女だったなあ」と彼も別れたことを惜しく思えてくるでしょう。
復縁への大きな一歩です。

 

 

偶然の出会い

道を歩いていたらばったり!あるいは、友人に誘われていった先に彼がいた!
そんな偶然は意外に多いものです。
復縁を願うあなたにしてみれば、これはもう運命だわ!と思ってしまうかもしれません。
けれど、そういった「運命の出会い」は、乙女チックな考え方。
つまり、そう感じるのは、女性側だけという事が非常に多いのです。

 

彼にしてみれば「おや、偶然だなあ」という味気ない感想しか浮かばないことがほとんど。
ここで舞い上がりつっぱしってしまえば、彼が逆に引いてしまう危険があります。
「偶然だね。やっぱ相性いいのかな」など、軽く縁があることをにおわせる程度にして、まずは連絡先を交換しましょう。
連絡を再開させ、交流を増やしていきながらすこしずつ彼に近づけばいいのです。

 

 

勇気を出して聞いてみましょう

ある程度交流が復活しても、大きな問題があります。
それは、「彼にはすでに新しい彼女がいるのかもしれない」。
周りから探ったり、彼の挙動で判断するという手もありますが、ある程度仲が近づいて、あなたに復縁の意思があるのならば直接聞くということをお勧めします。

 

彼の答え方で、あなたの可能性が見えてくるでしょう。
いるんだ、と明るく答えられたなら、一度冷静になりましょう。
いない、と答えた彼に憤慨した様子があったなら、それはフラグかもしれません。
彼もまた、あなたとの復縁を望んでいるのかも。

 

「そうなんだ、実は私…」と、気持ちを切りだすよいタイミングになるでしょう。
もちろん、「じゃあまた付き合おう!」と迫るには早急です。
あくまでも、自分の気持ちを伝える、またはにおわせる程度にして、少しずつ彼の気持ちを傾けて行くことをお勧めします。

復縁体験談