復縁する為の小細工と演技

復縁する為の小細工と演技で彼をもう一度自分のものにしよう

復縁を考える時、嘘はいけませんが女優になることは効果的です。
ちょっとした小細工が、トントン拍子に復縁へと繋がるチャンスを生んでくれることがあります。
予め、復縁へのシナリオを頭に思い描き、それに必要な小道具を用意したのなら本番です。
なかなか会えないからこそ、別れた後の再会はたとえ一時間であっても貴重なものです。

 

魅力的な自分を最大限にアピールし、彼がもう一度よりを戻したいという気持ちを思い起こさせるチャンスを手に入れましょう。
まず、振られた時は頭がパニックで小細工などしていられる状況では無いかもしれませんが、次に繋げる為に「忘れ物」をしておくと良いです。
お気に入りのアクセサリーや鍵、ちょっとした小物でも良いので、彼の自宅や車の中にわざと置き忘れましょう。

 

すぐに忘れたことを伝えずに、冷却期間をある程度置いてから行動に移します。
さりげなく、「ピアスがあの日から無いのだけど、部屋に忘れてないかな。」という聞き方がベストです。
忘れ物を取りに行くか、持って来てもらうか、待ち合わせるか、どれを取ったとしても次に会える予定が立てばこの作戦は大成功です。
約束までに、自分磨きをしておいても良いでしょう。

 

また、そっけなく郵送で送ると言われた場合は相手の意見を尊重しましょう。
無理やり押しかけたりするのはタブーです。
更に相手との縁が遠いものになるので注意しましょう。

 

この小細工が効かず、会う機会も得られそうもないのであれば、彼が出没するであろう場所の待ち伏せが効果的です。
しかし、ストーカーだと思われないようさりげなく偶然を装わなければなりません。
携帯電話で誰かと話すふりをしながら、彼を見つけたら何気なく目の前を通り、決して彼目当てでそこにいるのだと思われないように注意しましょう。
続いて、メールを送る復縁のきっかけ作りですが、あえて空メールを送りましょう。
相手に疑問符を与えることがこのメールの効果的な使い方です。

 

あなたにまだ興味が残っているのであれば、この意味深な空メールが何であるか知りたがるでしょうし、そうでなければ無視されるだけです。
返事が無い場合は、間違えて送信してしまったということで冷却期間を取ればよいですし、返事があるのなら相手の状況や心情を見ながら上手に復縁を進めていくのも良いでしょう。
復縁は、別れた後の再会でどうあなた自身をアピールしていくのかがポイントになります。

 

魅力的である自分をアピール出来るよう、常日頃自分磨きは必須ですし、ポジティブ思考は人を惹きつけます。
復縁に執着し過ぎず、復縁出来たらいいなくらいの大らかな気持ちでいることが成功への近道となります。

復縁体験談